港区赤坂にあるWEBデザイン・制作プロダクション、アースフィア株式会社のブログです。主に制作実績とブログ関係のトピックとキムチとかの予定です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
d0035061_1319158.jpg
 最近RSS関係の企画書を書いていることもあり、昨日イベントに行ってきたのがこちら。
▼CNET Japan Innovation Conference 2005 Summer
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開
 正直検索にはあまり興味がないので、「RSSとブログが創る新たなビジネスの可能性」へ参加してきました。内容はこちらの記事をご参照ください。
▼ブログ関連事業者が語る「RSSとブログが創る新たなビジネスの可能性」
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開

 今回気になったフレーズがこちら。
「(RSS)フィードをはかないサイトは、「もう来ないで」と言ってるようなもの」
 こちらはリテラシーの高い人にとっては確かにそうで、RSSをはき出してないサイトはいくら(ソーシャル)ブックマークをしてもまた見に来るというモチベーションはあがらない。次にいつ来るかという保証はSEO対策や週一回のメールマガジンでの誘導でしかなかったんですが、それを一日一回どころか数回見に来てもらうためにフィードを吐くのは必要…といった話でした。散々言われてることだけど、コンテンツの内容はどんどんオープンに広げてはいていかないとな、と思いを新たに。

 このようなWeb2.0的考えは一部の人は常識のように持ってるんだけど、それをお客様にどようにわかっていただくか…この辺はまだ製作者とクライアントの間で乖離がありそうです。
 普通に考えて、「コンテンツの内容を全部投げちゃってどうする」とか「メルマガで引っ張ってくるならまだしも」という反論は考えられます。それに対しては以前紹介したような気もするこちらを再びメモ。
▼NDO::Weblog「RSSフィードはウェブ広告にとって善か悪か」
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開
「RSSフィードを配信することによって、サイトへのリピーターを増やすことが、最終的には広告収益の獲得に繋がることが分かります」
「いかにサイトのトラフィックを増やすという考え方から、インターネット全体を俯瞰的に見て、サイトが持っているコンテンツの価値をいかに伝播させるかということに考え方をシフトさせれば良い」

 これから自社WEBのコンテンツは全部RSSではいて、Permalink(個別にURLをつける)という考えはWeb2.0どころか1.0として前提として持っていなくては、と考えさせられたカンファレンスでした。
[PR]
by ear-thlog | 2005-06-21 13:20 | ブログ記事
 最近、といってもここ一週間ぐらい、「ブログは実名か匿名か」論議が活発になっている。弊社は大企業ではないので傍から見てると大変なんだなあといった印象だったけど、触発というか、今ブログの世界にいる人間としてなんか書いておかないとなというモチベーションの元にちょっと書いてみようと思う。

 まず私の場合は、このブログを書いていることはおそらく社内や社の関係者ぐらいの方しか知らない。実名だけど、リスクの広がりようがないというのがある。もっとページビューが多いブログで書いているとその広がりようというのを想像できてしまってこわいのだが。

 そういえばこんな事件が弊社で以前にあった。

 P2P「Winny」のウィルス感染により、某掲示板関係に名前が出てしまったのだ。それは直接的に自分が原因というわけではなく、在宅で作業しているスタッフが「Winny」をやって感染してしまったというのが原因。私はその掲示板から顧客に通報がいったことにより経過報告といわゆる「始末書」を書いた。そのウィルスの特性からみて大元の原因はどう見ても私ではないので、顧客は「しっかりしてくれよ」程度で収めてくださった。(それ以来弊社で作業するスタッフはP2Pは禁止の通達を出した)

 弊社のようなWEB制作業におけるブログの場合、今作業しているものが何か、今筆者(私)は時間があってこれを書いているのか、社がどのような状況であるか、というのを伏せながら書く場合が多い。というよりそれは基本なんだけど、その基本の部分を知りたいというのが読者というものでもある。

 なので私の経験も絡めて言うと、もっと価値のある情報を書き、希少性の高い情報を書き、自らの主観を述べて、いわゆる「飲みに行ったぶっちゃけ話」が載っていないとブログなんて面白くも何ともなくなってしまうのだ。

 普通のことを書き、当り障りのない時候の挨拶を書いて、「自分のテーブルの上にこんな小物があります」的な写真をアップしても誰にも何の特にもならない。特にならなければ誰も見に来なくなる。見に来ないものは価値がない。だからWEB制作業におけるブログ、いや、ビジネスブログにおいては、もっと社の実情は書くべきなのである。

 というところでどうしても前述の「事件」が頭をよぎってしまうのだが、弊社は特にアルファギークたちが競ってコードを書いているところでもないし、何か注目されるべき新商品を一般消費者に心待ちにされているという業種でもない。なのでそうそう悪いことも起きるわけもないから大丈夫だろうか、と思う。

 それに、人様にブログを推奨する立場の者がブログを書かない、実名でブログをかけないなんてことはあってはならないので、このように「アースフィアの場合の実名ブログリスク」について淡々と書いてみた。弊社はビジネスブログとしてはエキサイトブログさんに移ってまもないので、まずはきちんとした体裁を保っていきたいと「実名、匿名論議」をトリガーにして襟を正していこうと強く考えた。この時代においてのビジネスブログの場合は「実名で書かないほうのリスク」の方が高いと考える。

<参考記事>
▼Blog論2005年バージョン(4)
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開
▼Re: 誰がBLOGを書くのか
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開
▼匿名の心理、実名の心理~暴言の抑止力になるものは?
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開


【追記5/25】
▼「匿名実名」論争にケリをつける現実解
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開
[PR]
by ear-thlog | 2005-05-20 21:55 | ブログ記事
(HTML投稿テスト)



▼CNET「ブログで衝突するビジネスとフェアネスのゆくえ」

同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開



▼CNET「グーグル、RSS広告の実験を開始--まもなく「公開ベータ版」発表か」

同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開

このRSS広告って「feed meter」
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開
のランキング上位の方々には有利なんでしょうね。

今見たら「FPN」と「ザイーガ」が231,232位だったけど、RSSリーダーに登録されやすいブログとされにくいブログとあって、ニュース速報系だと上位に食い込むのは難しいっぽい。

ビジネス系のブログでいかにRSSを登録してもらうかというのは、このブログのテーマのひとつかも。

エキサイトブログ様はアフィリエイト禁止なのでこのブログ自体は細々とやるだけですけどね。
[PR]
by ear-thlog | 2005-04-27 18:04 | ブログ記事
今年1月31日の記事再掲。

------------------------------------------

先日、「このブログ、このままではちょっとマズいな」と思い体裁を立て直して

▼エキサイトビジネスブログ様

同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開

に申請したところ、ご登録いただけたようです。ありがとうございます!



▼エキサイトブログ内のアースフィアLogのページはこちら

(4/27追記:1ヶ月以上真っ白な画面なので削除されてました)

今見たところIT関係のジャンルが少ないので、これからも責任もって頑張ろうと思います、

と無難なコメントを(笑)



ちなみにここ、 「同じウィンドウで展開」「別ウィンドウで展開」 というのが奇妙かもしれませんが、これはここでの自分のポリシーみたいなものです。



自分の場合、ブログを見てる時に記事中のリンク(マスコミの記事など)をクリックして ブラウザの同一ウィンドウ(target=_top)で展開されると非常に腹が立つのですが(笑)

でも逆に、「なんで別ウィンドウ(target=_blank)にするんだ」とおっしゃる方もいるんだろうなぁと。


「ここのブログは同一ウィンドウ、ここのブログは別ウィンドウ…」というように身体が覚えている 場合もあるのですが、初めて来る方がそこまで考えているとはとても思えないですから、

それなら選択制にしてしまおうということで上記のようにしております。



企業のWEB制作ではとても実現できないでしょうけど、 (FLASHコンテンツで[Full Screen]か[Normal]か選ぶところは多々ありますが) 自社のブログならそれぐらい気を使ってみようという趣旨です。



同様に、業務においても見る人に優しいWEB制作を心がけていきたいものだと 心を新たにさせられたエキサイトビジネスブログ様の登録認可でした。
[PR]
by ear-thlog | 2005-01-31 19:14 | ブログ記事