港区赤坂にあるWEBデザイン・制作プロダクション、アースフィア株式会社のブログです。主に制作実績とブログ関係のトピックとキムチとかの予定です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

YouTube は「見る」から「投稿する」に移った方が楽しいという話

 このニュースは以前から出てましたけど、Yahoo! のトップにまで波及してました。

▼ITmedia News:「スプー」削除の舞台裏 「YouTube」にテレビ局苦慮
同じウィンドウで展開別ウィンドウで展開

 予想通りの問題が発生ということで、最近 YouTube に対して思ってることをつらつらと。

 私はブログについては初期からずっとやってたので、アクセス数増加法とか SEO 的エントリ法とかマーケのサンプル提供とか炎上とか(笑)一通り体験したので、これからブログでやることといえば「ブログを続けること」ぐらいしかないかな思っています。

 なので、最近は Podcasting やったり YouTube に投稿したりしているんですが、この「投稿」が面白いですね。これまで Podcasting は「聴く」、 YouTube は「見る」のみだったのですが、受動的なフェーズを過ぎて能動的に「投稿する」ようになると格段に面白味が増します。


 現在はブログが飽和状態にあり、これから一個人がブログ単体で注目を浴びるのは中々難しいです。その中で、企画次第で簡単に注目浴びれるというのが企画屋にとっては嬉しいです。

 注目を浴びてどんな時が嬉しいかというと、自分が個人的に企画した動画が某巨大掲示板に貼られたり、はてなブックマーク等で紹介されたりしてアクセス数が上がっていくのを目を細めながら見ている時でしょうか。「おぉ、カウンターが 1000 超えた」などと最近ではもう頻繁に数値を確認しに行ってしまいます。
 こういうことって以前もやったよな、と思い返したら、そう、これってブログやり始めた時の初期の行動なんですよね。

 以前、ブログで体験した情報発信、提供、共有の喜びを、Podcasting や YouTube に参加して投稿することにより再び味わっているという。
 これは Podcasting や YouTube を聴いたり観たりしていただけの面白さとはまた違いますよね。前は「動画の面白さ=そのサイトの面白さ」という側面もありましたが、今は参加して、投稿して、反響を受けてまた投稿するという、サイト側の思惑通りの楽しさを享受している人間になっています。

 しかも、私は音声編集ソフトも動画編集ソフトも使えるスキルはないんですよ(笑)、ただ録ったり、撮ったりしているだけ。ブログ同様、技術的な敷居が低いんですよね。簡単です。


 なので上記のニュースを見て思ったのは、日本人もそろそろ「聴く」「見る」から、とりあえず「投稿する」フェーズに移ってほしいなぁということでした。
 アイデア次第ですぐ投稿できて、その動画に対してどこかの外国人が「君は何をやってるんだい?」といったマジレスコメントを書いてきたりして楽しいものですよ。
[PR]
by ear-thlog | 2006-06-07 20:39 | ニュース系