港区赤坂にあるWEBデザイン・制作プロダクション、アースフィア株式会社のブログです。主に制作実績とブログ関係のトピックとキムチとかの予定です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「ブログを書かない」という配慮

 つい先頃まで諸々あり、最近はこちらに書くのを意識的に控えてました。
ニュースは巷に溢れておりブログ界隈の話題も日々更新中ですし「忙しいからブログ書けない」なんて自分にはありえないので、俗に言う「ネタがない」という状態ではなかったのですが。

 それはさておきまして、このブログでは
   同じウィンドウで展開|別ウィンドウで展開
というようにご覧になる方に配慮するように心がけております。
もちろん、本ブログの特徴(*1)としてこの心がけをしているのですが、それは本ブログの内容、本ブログの存在自体もそうでなくてはならないだろうと。
(*1)WEBデザインというのは「あぁ、あれね」とひと言で言えるような特徴を持っていなければ意味がないという私の主義でもあるのですが

 ここで比較するのもなんですが、よく閣僚への野党やマスコミの攻撃材料として
「○○が起きた時、あなたはどこにいましたか?」
とかいう妙な質問が飛ぶことがあるのですが、こちらは質問する方もする方ですが、どうせ質問されるのがわかっているのであれば、明快に回答できるように回りもって善処しておくのが賢いだろうなぁと思ったりするわけです。

 そこで最近の自分の状況を振り返ると、まさに「こんなに現在の業務について解決の糸口が見つからないのにブログか」とご指摘を受けそうな多忙さだったのと、ありがたい話ですが「ブログ見てますよ」という声もあり、自粛していた次第です。

 よく巷のブログセミナーなどでは「なんでもいいからブログは毎日続けましょう」という小学校の先生のようなご指導をされているとこもあると聞き及びますがそれはいかがなものでしょう。
 もし私がお仕事をお願いしている方が、私をないがしろにしてニコニコと「(笑)」マークを付けながらブログを更新していたらそれはもう怒髪天なわけです(笑)。まぁ普段は温和な表情をしていますけど。

 「それなら回避しておきましょうよ」と。先にそう言われるのがわかっているのでしたら、別に業務の対象の方に読まれないかもしれないですけど、特にアクセスログとかにも見えないですけど、配慮をしておきましょうと。
 それが「こっち無視して何ブログ書いているんだというご指導を承るかもしれない」という事態を見越した配慮なんじゃないかと思います。

 ブログには例えわかっていてもコメントしない配慮があり、トラックバックを打たない配慮があり、リンクをしない配慮等がありますが、私はあえてエントリーを書かない(ブログを更新しない)配慮というのもあるんじゃないかと思うわけです。

「こちらでは閲覧者様のご都合を考え
   同じウィンドウで展開|別ウィンドウで展開
 というように配慮してます」
と標榜するブログであればこそ、そこまで考え、ブログを書かないという配慮をしてきた次第です。

…と、なんか反省文を書いているような感覚に襲われましたが(笑)決してそうではなく、このような提言を軽く書かされてもらうことによりこのブログのスタンスを表明したまでということで。
以上15分。業務に戻ります。
[PR]
by ear-thlog | 2005-06-20 14:36 | 雑感